menu
閉じる
  1. モテるために気を付けることって服装・髪型以外に何がある?
  2. たらこくちびるがコンプレックスな件
  3. 何でみんな正社員になりたがるの?
  4. 女が選ぶ「嫌いな芸能人の女」ランキング1位はなんと・・・
  5. 一生賃貸のメリットって、災害リスクが少ない以外に無いよね?
  6. ワイ、大阪に一人旅へ
  7. 【悲報】西内まりや超絶劣化
  8. 【芸能】おぎやはぎにさまぁ~ず、内村光良が芸人たちに慕われるのはなぜ?…
  9. タバコを特に苦労もせず簡単に止める方法なんかない?
  10. ニートだけど、オススメの短期バイト教えてくれよ
閉じる

なぜオジサンたちは『シン・ゴジラ』と『君の名は。』のヒットを理解できないのか分析してみた

1: ななしさん

●なぜオジサンたちは『シン・ゴジラ』と『君の名は。』のヒットを理解できないのか

今年ほど邦画が“当たった”年も珍しいのではないだろうか。なかでも7月に公開された『シン・ゴジラ』、そして8月に公開された『君の名は。』は、一種の社会現象とも言える大ヒットを記録している。しかし、この一大ムーブメントをいまいち理解できないオジサンたちが、業界内に存在するという。それはなぜなのか? 稲田豊史さんに寄稿いただいた。

■記者や業界関係者も予想できなかったヒット

2016年の国内映画業界のビッグニュース・トップ2は、『シン・ゴジラ』(7月29日公開)と『君の名は。』(8月26日公開)の大ヒットで間違いなかろう。現在のところ、興収は『シン・ゴジラ』が約79億円、『君の名は。』が約184億円。『君の名は。』に至っては、邦画の歴代興収第4位にランクインされており、スタジオジブリの宮崎駿直近作『風立ちぬ』(2013年、興収約120億円)の1.5倍という驚くべき成績である。

ここで今一度注目したいのは、2作のここまでのヒットを、映画・アニメの周辺メディアに従事する大半の記者やライター、なにより当の興行関係者ですらほとんど予想できていなかった、という事実だ。2016年10月17日付の日本経済新聞が『君の名は。』配給元である東宝の業績に絡めて報じたところによれぱ、同作の目標興収は当初「10億円」だった。また、商業デビュー草創期から新海監督の才能を信じ、支え続けた同作の制作会社コミックス・ウェーブ・フィルム代表取締役・川口典孝氏ですら、公開後のインタビューで、「40億くらいは狙ってもバチは当たらないと思ってましたけど」と語っている。

「40億」は「184億」からすればかなり控えめな数字に見えるが、それまでの新海作品の興行実績(一例として、2013年公開の『言の葉の庭』は23館公開で推定興収1~2億円)に精通している人間からしてみれば、今回『君の名は。』の公開館数が約300館にジャンプアップしたとはいえ、「40億なんて……ビッグマウスも甚だしい」と一笑に付したに違いない。恥ずかしながら、筆者もそれに近い認識だった。

『シン・ゴジラ』も同様だ。もはやオジサン世代のノスタルジーコンテンツに他ならない「ゴジラ」の、“今さらの”映画化。しかも「国産の特撮怪獣映画」ジャンルはトレンドでもなんでもない。12年前に制作された最後の国産ゴジラ『ゴジラ FINAL WARS』(興収約13億円)も、興行的に大成功したとはいいがたい。

いくら「『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明が監督」とはいえ、これだけのマイナス材料を並べられて、ピクサーの『ファインディング・ドリー』(興収約68億円)やディズニーの『ズートピア』(興収約76億円)以上のヒットを予想できる記者や映画業界関係者が、果たしてどれほどいるだろうか。 ちなみに、庵野監督による直近前作の実写映画は、2004年公開の『キューティーハニー』(興収約4.2億円)である。

実は、記者や映画業界関係者のなかには、予想はおろか、公開後に作品を鑑賞してもなお「なぜこの2作がここまでヒットするのか、ピンと来ない」と首を傾げる者も少なくないが、彼らには共通点がある。年齢がおおむね40代以上であるということだ。◆時代とともに変わる「スタンダード」このオジサンたちにとって、新海作品はとにかく「童貞っぽく、オタ臭い」。庵野作品はとにかく「クセが強く、マニアック」。両監督の作風を10年、20年スパンで知っていればいるほど、そのイメージは捨てがたく、したがってなぜここまで多くの観客に支持されたのかが、直感的に理解できないのだ。

しかし2016年現在、少なくともアラサー以下の多くの観客にとって、『君の名は。』は取り立てて不快感を示すほど「童貞っぽく」も「オタ臭く」もない。かつて「アニメっぽい」と形容された演出や台詞回しやキャラクター設定は、ゼロ年代から10年代前半を通じて、完全にカジュアル化・一般化・コモディティ化したからだ。

BestTimes 2016年11月19日 02時08分
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161118/BestTimes_3755.html
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161118/BestTimes_3755.html?_p=2
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161118/BestTimes_3755.html?_p=3
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161118/BestTimes_3755.html?_p=4
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161118/BestTimes_3755.html?_p=5

※続きます

 

引用元: ・【映画】なぜオジサンたちは『シン・ゴジラ』と『君の名は。』のヒットを理解できないのか★3

3: ななしさん

※続きです

ここ数年で「高校生以上が深夜帯アニメを観ること」は、ガチオタの特権ではなくなった。10代のカラオケランキング上位にはボカロ曲やアニソンが大挙してランクインしているし、10代の多くにとって純文学とライトノベルの区分けはほとんど無意味化している。 今や大学の入学時オリエンテーションで「趣味はアニメ」と自己紹介したところで、(アラフォー以上が青春時代をすごした)90年代以前ほど色眼鏡で見られることはなくなった。

いっぽうの『シン・ゴジラ』の演出は、たしかに一般的な日本映画やゴールデンタイムのTVドラマなどと比べれば、クセが強い。一部をして「完全に実写版エヴァ」と言わしめたほど、「まんまエヴァ」である。序盤、官僚や専門家たちが次々とまくしたてる状況説明は、セリフとセリフの“間”が意図的に詰められ、目まぐるしくカットが切り替わる。豊富に詰め込まれた過去作品のパロディやオマージュもマニアックであり、読み解くために求められるリテラシーは高い。

しかしこの庵野演出、すなわち「エヴァ演出」は、『エヴァ』が歩んだ20年(95~96年のTVシリーズ、97年の旧劇場版、07、09、12年のリブート劇場版)で10代から30代の間に完全浸透し、ある種のスタンダードとなった。『シン・ゴジラ』を観た、特撮ファンでもアニメファンでもサブカルクラスタでもない知り合いの20代後半女性に「早口の会議シーン、辛くなかった?」と聞いたところ、「『エヴァ』みたいで面白かった」と返ってきたのは印象的だ。

目下のエヴァ直近作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開)の興収は実に約53億円にものぼる。もはや「一部のコアなアニメファンが好むマニアックな作品」でもなんでもない。なんとなれば「エヴァ演出」は、日本の清く正しいファミリーアニメたる細田守の2015年作品『バケモノの子』(興収約59億円)と、あまり変わらないほどの“一般性”“メジャー感”の域に到達している。少なくとも4年前の時点で、だ。もっと言えば、新海作品に一貫する作風である「背景や小道具の写実主義」「静止画の多用」「早いカット割り」などは典型的なエヴァ演出そのもの(庵野が影響を受けたと公言する岡本喜八演出からの孫引きも含まれる)。

また、今回の『君の名は。』では薄まっているものの、新海作品の真骨頂たる「童貞感の強い男性主人公が厨二っぽい台詞回しでモノローグをつぶやき続ける」は、そもそも『エヴァ』の主人公・碇シンジのお家芸だ。もはや若者層にとって、「アニメっぽい表現」「エヴァ的なもの」は、童貞っぽくも、オタ臭くも、クセが強くも、マニアックでもなくなった。2作のヒットを感覚的に理解できない40代オーバーのオジサンは、その変化を認識できていない。おそらく彼らの認識する「アニメ」「サブカル」のイメージは、おおむね2000年代前半あたりで更新を停止している。

こういう話をして思い出されるのが、アメリカで80年代初頭に登場した音楽専門のケーブルテレビチャンネル、MTVだ。MTVはミュージックビデオ(MV)を24時間流し続け、多くの若者視聴者を取り込んだ。 そのため多くのミュージシャンはこぞって凝ったMVを制作。そこで名を馳せた監督たちが次々と映画界に進出したことで、映画にMV的な演出・映像文法が持ち込まれることになったのだ。

彼らは、ひと目で観客を引き込むインパクトあるビジュアル、短いカット割りによる躍動感やスピード感の表現、劇中での効果的な楽曲使用――といったMVのテクニックを長編劇映画に持ち込み、新しい世代の支持をとりつけた。80年代に頭角を現したラッセル・マルケイ(『ハイランダー 悪魔の戦士』)、90年代のデヴィッド・フィンチャー(『セブン』)、マイケル・ベイ(『アルマゲドン』)、2000年代のゴア・ヴァービンスキー(「パイレーツ・オブ・カビリアン」シリーズ)、マーク・ウェブ(『アメイジング・スパイダーマン』)などは、すべてMV出身監督である。

※終わりです

 

5: ななしさん
シンゴジラはステマゆんゆん

 

6: ななしさん
次作は
「シン・ゴジラ VS 君の名は。」かな。

 

7: ななしさん
いい夢見ろよ!あばよ!と柳沢慎吾ジラ

 

8: ななしさん
いい加減、シン・エヴァ頼むわ
庵野ちゃん

 

9: ななしさん
シンゴジラは若者みてんの?w

 

10: ななしさん
おっさんにウケないというならそれらは子供向けだからじゃねーの?
どっちも見てないけど

 

11: ななしさん
>>10
新海なんておっさんファン多い監督だぞ

 

20: ななしさん
>>11
そうなんか

 

22: ななしさん

>2作のヒットを感覚的に理解できない40代オーバーのオジサンは、その変化を認識できていない。おそらく彼らの認識する「アニメ」「サブカル」のイメージは、おおむね2000年代前半あたりで更新を停止している。

40後半以上のオッサン、ジジイ共なら80年代で認識を停止してるよ
いまだにヤマトやファーストガンダム以外のアニメを認めたがらないし

 

23: ななしさん
>>22
君の名は200億超えが決定したようなもの
これは、邦画アニメでは千と千尋の拉致隠しに次ぐ成績である
また、週末ランキング連覇も、先週末デスノートに負けて9連覇止まりだったが、日本アニメでは千尋に次ぐ好成績
今週デスノートを超え1位に帰り咲いた。この後、千尋を越える通算1位記録を樹立する可能性も高い
冬休みも300館体制での公開が決定しており、紅白ブースターもあるので200億超えは単なる通過点で、250億、300億もありえる
4DXも企画されているようなので、そのブースターも当然ある
ロングランについては、これはまだまだ先の話だが、邦画アニメでは今まで千しか達成していない一年超ロングランを、君の名は達成する可能性は大きい
史上二番目の一年超ロングランなら、さらに売上は伸びる
一周年記念で300館上映して、そこで千尋を抜く。というシナリオも良いかもしれない

 

66: ななしさん
>>22
北斗の拳が原動力の痛いニュースですが・・・

 

24: ななしさん
理解しようとするからおかしくなる
理解出来ないのが当たり前
音楽だってクラシックから
低俗に降りた方が儲かるんだから
わけわからんのが当然さ
君の名はアキバと同じで売れたから正義なんだよ
良し悪しなんてどうでもいい
石原裕次郎が大スターで売れてたのなんて
今の人には理解出来ないだろ、そんな感じさ

 

25: ななしさん
ズンドコベロンチョを理解できないのと同じだな

 

26: ななしさん
歴代のヒット作と比べて存在感ないしリピーターがとんでもなく多いんだろうな

 

27: ななしさん

シン・ゴジラは理解できる
というか見たい

君の名は?
金もらっても見ない

 

28: ななしさん
シンゴジはおっさんの客多かったような・・・
前半はすげえよかった

 

29: ななしさん
逆におじさんで君の名はの良さを分かってたら、おかしいんじゃないかな
ゴジラは昔さんざん見たからもういらないかな

 

30: ななしさん
シンゴジラはまんまエヴァだよ
石原さとみのキャラはアスカのパロディ

 

50: ななしさん
シンゴジラがエヴァだって言われたらやっぱりおじさんにはその良さが理解できないよ
エヴァのなにがいいのか分からないもん

 

52: ななしさん
だいたい映画で政治性とかもう古いんだよな
そんな大雑把な話じゃまったく語りきれなくなっていて
より詳細な情報が求められる時代。

 

53: ななしさん
君の名はの前々前世は良さがわからんけど
ハッピーエンドはいい曲だった。
僕は明日昨日の君とデートする
がヒットするのはわかるけど
君の名はがヒットするのは理解できん

 

56: ななしさん
しつこい

 

61: ななしさん
でもオジサンたちはポケモンに夢中になってるんだよな

 

63: ななしさん
理解を求めんなよ w
ゆとり w w

 

65: ななしさん
ゴジラはむしろおっさんしか見てないだろ
君の名はは良質なアトラクションムービー。遊園地のアトラクションと同じ感覚で見に行くものだな。

 

67: ななしさん
そもそも見ないからね

 

68: ななしさん
シンゴジラ信者にしろ君の名は信者にしろ
突如ID真っ赤な連投厨や発狂したような長文コピペ連投厨が複数湧くあたり
これもある種のブームが出来たって証拠だよなあ

 

69: ななしさん
おっさん世代からしたら、一周回って今更こんなのが人気なのかって感想なんだろ。

 

71: ななしさん
>>69
どんなにヒットしたって言っても日本人の10人中9人は見てないとかならオッサンなんて真っ先に排除されるわなw

 

74: ななしさん
>>69
あらゆるものが今更だね
紹介ライターが今までと違うのはってフレーズを使いたがるけど
大概は前に見たものをヘンな違う角度から見て読み解いてるだけというような

 

72: ななしさん
両方見たけど両方とも庵野と新海だなぁって感想しか

 

86: ななしさん
ごめん、観てないから分からなんだ。
『君の名は。』は批判もよく聞くな。

 

94: ななしさん
シンゴジラはオジサンばっかだったぞ

関連記事

  1. 剣心「逆刃刀だから死なないでござるよ」

  2. 少女マンガって「何で言葉にして相手に伝えないの?」って展開多すぎ…

  3. ミュウツーの逆襲をなんとなく見てみたんだけどさ

  4. 311_kv516x306

    次に実写化しそうな漫画ってなんだと思う?

  5. 今のジャンプってもしかして歴代最強の黄金期じゃない?

  6. ロボアニメとか軍事アニメの作画技術って退化してね?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アクセスランキング

ページ上部へ戻る