menu
閉じる
  1. 最近のゆとりって方角も分からないんだなwwwww
  2. 清水富美加、高畑裕太について「嫌いなんです」「壊れていることに気づいて…
  3. 【悲報】SMAPファン、メリー氏の玄関先で迷惑行為を・・
  4. カラオケで歌ってもアニヲタ扱いされないアニソンってある?
  5. ますだおかだ岡田の娘(16)がかわいすぎる件
  6. ベランダでタバコ吸ったら隣のヤツ窓閉めてワロタwww
  7. SMAP解散のとばっちり?嵐がCMを打ち切られるという話が浮上
  8. 【画像】ダレノガレ明美さん、画像加工をし過ぎて時空が歪む痛恨のミスww…
  9. 【芸能】菜々緒、艶めく花魁姿公開!!
  10. 登山家・栗城史多氏、エベレスト登頂へ六度目の正直
閉じる

SMAPの今回の解散の原因は90年代の木村拓哉ブームのせい?

m_ef48ae444
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
8月14日未明全スポーツ紙の一面で「SMAP解散」が取り上げられた。今年の12月31日をもって、国民的アイドルSMAPが解散するという。1月のジャニーズ脱退報道以降、木村拓哉(43才)VS中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)の溝は深まったとされており、そこから修復できなかったことが理由だとも言われている。
.
とはいえ、もともとSMAPの大黒柱、木村と中居は微妙な関係だったいうのが、業界関係者の周知の事実だった。“両輪”のバランスがうまく取れていれば、グループ内の人間関係もうまくいく。しかし、デビュー5年が経った頃、2人に溝ができていった。

1993年の秋ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)に木村が単独で出演。大きな黒縁メガネをかけたモテないキャラだったが、フラれた後もヒロインを陰から見守り続ける一途な性格が女性ファンの心を惹きつけた。

そのドラマをきっかけに木村の人気はジワジワと高まり、1996年4月、木村が初主演したドラマ『ロングバケーション』は平均視聴率29.6%、最終回では瞬間最高視聴率43.8%を記録。中居もその頃からMCとして才能を発揮し、1997年には紅白歌合戦で初司会を務めたが、木村人気は社会現象ともいえるほどだった。

「連日、木村の一挙一動が取り沙汰されるほどキムタクフィーバーに沸きました。異常事態ともいえる状況に木村も疲労していたし、比較的、自由な振る舞いも許されるようになった。人気もあいまって足並みを揃えない単独行動や特別待遇も増えた。それに中居が眉をひそめるシーンも多くなったんです」(テレビ局関係者)

その頃、あるライブのリハーサルが行われていた。中居がメンバーに「もっとステージの前方まで出よう」と声をかけた。 ステージ前に出るのには危険が伴うが、ファンにもっと近づいたほうがいいというのが中居の考えだった。

だが、木村は「そんな演出は聞いていない」と反発し、前に出ることを拒否。現場に険悪なムードが漂った。 ところがライブが始まり、ボルテージが最高潮に達した時、メンバーの誰よりも前に出ていたのは木村だった。

「雰囲気を読んで、自分を演出することの上手な木村さん一流のやり方でした。スタッフや他のメンバーも“さすが木村くん”と言っていましたが、中居さんはどんな気持ちだったのでしょうか…。
その頃から木村さんと中居さんはプライベートでは口をきかないということが業界に知られるようになっていました」(ライブ関係者)

※女性セブン2016年9月1日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160820-00000009-pseven-ent
NEWS ポストセブン 8月20日(土)7時0分配信

引用元: ・【芸能】90年代のキムタクフィーバーで中居・木村の関係悪化


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
まあキムタクが居なかったらジャニーズなんか今頃ないだろうwwwwww
232: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>3
まあ飯島さんが居なかったらキムタクなんか今頃いないだろうwwwwww
246: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>3
おまえあほか?w
光GENJI知らないだろ?
キムタク以上に諸星人気凄かったんだよ
234: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>232
それはないわ。キムタクがいなければ仕事とれてないだろ
4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
女性アイドルグループには卒業システムがあるのに、男性アイドルグループに卒業システムがないのはなぜ?
10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>4
結婚してもグループでいられるから
21: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>10
なるほろ

SMAPにも入学&卒業システムがあれば、適度にメンバーも交代して摩擦が少なくなったかもと思うよ

5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
キムタクのお陰でSMAPがトップアイドルであり続けたんだから、他の四人は感謝するのが筋だろ。
8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>だが、木村は「そんな演出は聞いていない」と反発し、前に出ることを拒否。
>ボルテージが最高潮に達した時、メンバーの誰よりも前に出ていたのは木村だった。

スターは一人の方がいいんだよ

9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
糞キムが調子こいて独立しようとしたんだよな
自分さえ良けりゃメンバーなんかどうなろうと知ったこっちゃねえってやつだから
メンバーと整形とシークレットブーツのおかげなのに、自一人ででかくなったと思ってやがる
66: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>9
> 整形とシークレットブーツ
詳しく
検証サイトある?
84: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>66
キムタクはシークレットを履かないと香取との身長差がなくなってしまう
85: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>66
画像
no title
461: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>85
SMAPだらしねえ体型してるな
キムタクの背中はそこそこ鍛えてるように見えるけどw
こりゃ踊れないって干されてもおかしくねえわ
11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
まぁ全盛期はキムタク1人で他のジャニ全員より価値があったからな
12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
キムタコ(笑)
13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
またジャニーズ事務所による印象操作の記事か?
17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
いやいや
昔は木村>>稲垣>>>仲居香取くらいの差があったぞ
226: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>17
最初稲垣は人気あったよね佐野元春の主題歌のドラマとかで
ヒューヒューとか
18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
お、メリー御用達ガセブン、中居嫉妬説を繰り出してきたー
19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
中居クーデター失敗 
責任を木村になすりつける
これが真実だよ
26: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>19
今の気持ち悪い中居上げの情報操作見るにこれだよな
20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
キムタク「まわりの人の敬や賞賛を得るような自分自身になることが一番大切だ」→自信のないやつの考え=ナルシズム
香取  「素直でいることが一番大切だ」→自信のあるやつの考え=自己実現タイプ
22: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
中居の嫉妬か
24: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
ま、離脱組を完全な被害者だと思ってる奴はお花畑だと思うわ
31: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>24
お仕事ですか
必死だな
88: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>31
お花畑やなあ
打算がないとか本気で思ってのかよ
25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
服装やら何やらと木村の影響力は
凄かったからね
多分シルバーアクセサリーを
アイドルでガンガン付けてたのも木村が走りだったと思うわ
61: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>25
ドラマでキムタクがバタフライナイフ持ってたらバタフライナイフが売れたもんなー
109: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>25
ゴローズとかクロムハーツとか
芸能人でジャラジャラ付ける出したのって
木村だったな
27: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
当時はダサい奴らをスマップって呼んで馬鹿にしてたからなwwにわかは知らんだろ?キムタクが武田真治やいしだ壱成と絡みだした頃から変わって来た
48: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>27
あったよねぇそんな時代。夜の公園で会うだの楽器演奏したとかなんとか。
そこら辺が人気なくなったら全然会わないのもなんとも。
90: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>27
ぼちぼちみんなSMAPってネーミングが実は
ジャニの範疇で考えてもかなり変だってことに気が付きそうだな
29: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
キムタクの髪型や服装を真似する男は多かったけど
中居に憧れたり真似する男は居なかったからなw


 

関連記事

  1. 夏目三久アナ・有吉の熱愛&妊娠報道、本人たち完全否定に加え各社ス…

  2. yaguchi_06

    プライド高い矢口真里が後輩の失礼な質問にブチ切れて批判殺到!!

  3. 【芸能】極楽とんぼ「謝罪ツアー」 ネットオークションの価格が16…

  4. 森脇健児、SMAPにキックベース集合呼びかけ 夢がMORIMOR…

  5. SMAP解散を嘆くファンが何故か自撮りを添えて悲しむ怪行動

  6. 登山家・栗城史多氏、エベレスト登頂へ六度目の正直

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アクセスランキング

ページ上部へ戻る